CADソフトのDRCとCAMソフトのDRCは違う?

8206bf1a58214c8ce7e64c043ae12e83
 こんにちは! 設計ネット通販『ネクストキーバン』の田中です。

 「プリント基板製造用プリント基板設計ルール」のDRCと、「プリント基板製造性確認用設計データチェック」のDRCと、2種類のチェックがあります。

 プリント基板設計ルールのDRCはCADソフトの機能を指しています。基板設計する際の電気的なエラーを検出します。

 設計データチェックのDRCは最近ではDFMと呼ばれるようになっていて、CAMソフトの機能で、基板製造をする上での構造的なエラーを検出します。

 DRCの電気的なエラーというのは、例えば、パターンの未結線とかギャップの不足、ソルダーレジストやシルク文字とのクリアランス値などになります。

 DFMの構造的なエラーというのは、基板端からのノンスルの距離、シルクのかぶり、ノンスルとレジストクリアランスなど、になります。

 このDFMが、基板メーカーで行うCAM編集になります。
CAM編集がおろそかになってしまうと、基板製造工程で不良を作っていることになり、製造中や製造後の検査で摘出できないと、実装工程や組立工程や評価工程や市場に出したときに、不具合を引き起こすことになってしまいます。

 各過程で不良を作らないように手間隙を掛けて、でもできるだけ早く仕上げることが、製品開発にはとても大事なこと。
 CADのDRCもCAMのDFMも、それぞれに目的が違ってとても重要な工程で、さらに必ず実施すべき工程なので、どれだけ早く終わらせられるかが鍵になりますね。

今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください!