プリント基板設計CAD以外のCADでプリント基板を手配されると何が不安??

0712cceb32b9e4dc752d6ef60e21a51b
 こんにちは! プリント基板設計ネット通販『ネクストキーバン』の田中です。

 前回のコラムの続きですが、プリント基板設計専用ではないCADでプリント基板の手配をされると、どういう不安がついてくるか。

 DXFやDWG形式に変換して支給してもらいますが、そのデータはプリント基板設計CADのように電気的な特性をもたない、線画のデータになっています。
 そうすると、パッドや信号線やGNDなどといった特性が無いので、プリント基板設計専門のCADで取り込んだら、DRCが効かないのでオープンショートなどといった不具合の検出ができなくなります。
 言い換えると、お預かりするデータでそのまま基板製造をするだけになってしまいます。

 基板製造用CAMソフト(例えば、ダイナトロン社製NextCAM)はその点で有用で、電気的な特性がなくともパッドや信号線を認識するので、オープンショートは検出してくれます。 

 ですので、お客様にとって利便性がよいのは、CAMソフトで対応することになります。

 ただCADソフトでもCAMソフトでも、回避がとても難しい不具合の発生があります。

 今回も最後までお読み頂き、ありがとうございました。
 何かご不明な点があれば、お気軽にお問い合わせください!