設計天国は発注が煩雑にならず、開発担当者決済ができる

製品の開発には、とても多くの人員と経費と時間が掛けられています。

それをいかに、少ない人数と経費と時間で行うか、開発者様達の至上の命題。

製品開発を支援する企業様も少ない労力で済むように協力をしてくれています。

例えば、初期開発を速やかに行うために、「初期開発予算」を割り当てて、調達部・購買部様の事務手続きを経ずに済むように。

ただし、予算額は、1件100,000円までね、と。

100,000円で発注できる開発向けの基板設計外注なんて・・・

設計天国は、そのようなご要望にお応えできるように、初期開発で多用される両面基板、4層貫通板で搭載される500ピン前後の設計を、100,000円以下でしかも3日後に納入できるようにする仕組みを考えました。

しかも、回路図と外形図と部品表をご提供頂くだけで、”あとはよしなに”と言って頂けるように仕組みを作りました。

外部に委託される為に作成されていた仕様書、指示書、メール文章などの煩雑さからも開発担当者様を開放して、開放されたご負担分を開発品の評価に回して頂き、開発サイクルを短縮、開発競争に打ち勝って頂ける様、支援致します。





自動見積りサイト